POINT-1
>2017年以降、スマホだけを利用する人は全体の約半数に達します。その一方、PCからのアクセス6%に過ぎません。去年、Googleは今後PCサイトではなく、スマホサイトの評価で検索結果を決めるというアナウンスをしました。


出店:LINE調べ(訪問留置調査/2017年4月実施/n=759 15〜59歳)

POINT-2
そこでスマホサイトに「デジタル・マーケティングツール」を組み込むことで、商品やサービスの販促のベースとなる見込み客を育成します。また、Z世代へのリクルートにもMAは活用されます。


  • スマホで
  • +

  • 見込み客育成を
  • スマホで
  • 見込み客育成を
 
  • スマホスタンダードプラン

    160,000円より(税別)

    オリジナルデザイン(4~5P 構成)
    お問い合わせフォーム
    MA初期設定

  • スマホ + PCプラン

    320,000円より(税別)

    オリジナルデザイン(4~5P 構成)
    お問い合わせフォーム
    MA初期設定

  • [納品形態はデータです。新規にサーバーを立てる場合は別途にお見積り致します]
  • デジタルマーケティング
    サポート

    デジタルマーケティングのツールの使い方を(月に2回、40分)弊社オフィスまたはビデオ会議でサポートいたします。

    12,000円(月・税別)

 
  • デジタル・マーケティングとはなんですか?
  • 弊社ではMA(マーケティングオートメーション)ツールをサイトに連携させてマーケティング活動を可視化・自動化します。
    MAツールは、名刺やフォーム問い合わせ、メール開封などの顧客情報の一元管理、選別・育成、さらには購買意欲の高い見込み客の絞り込みまでを自動的におこないます。
  • なぜMAツールが必要ですか??
  • 保有している見込み客のリスト。その大半が、「今すぐ顧客にはならない」「何万件もあるリストからフォローできるのは極わずか」…といった理由から、放置されていませんか? MAツールはまず、この放置された顧客をクール(潜在客)からホット(有望客)まで自動で仕分けします。その次にクールからホットな見込み客になってもらうようMAツールが活躍します。 MAツールは、企業が保有している顧客情報を放置せず、育成することによりホットな見込み客を育てるために必要不可欠なツールなのです。
  • 会社のサイトがスマホに対応しているかわかりません
  • googleのモバイルフレンドリーテストに御社のURLを打てばすぐに結果がわかります。NG判定がでたらなるべく早くスマホ対応をされることをおすすめします。
Please Rotate Your Phone